So-net無料ブログ作成
検索選択

小保方晴子 現在 12月 [ニュース]

スポンサードリンク




理研の小保方晴子さん(31)が12月21日付けで同研究所を退職するとの事。

今年2014年はまさに小保方晴子さんの「年」であったことに間違いはない。

「小保方STAP劇場」は大方の予想通りの結果で幕を閉じることになった。

1.jpg
画像:http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012901001943....


万能細胞である「STAP細胞」を発表したのが2014年1月末のこと、あの頃はまさに小保方晴子さん絶頂の時、各マスコミは「リケジョの星」、「ノーベル賞級の発見」「IPS細胞より簡単に~」などと騒ぎ立て、日本の理化学界に新星現る、医療の分野もこの細胞によって進歩が加速すると思われていました。

2.jpg
画像:http://girlschannel.net/topics/133917/


しかし、「STAP論文」に疑惑が発覚し、ここから小保方氏はリケジョのヒロインから「疑惑の人」に。

3.jpg
画像:http://blog.goo.ne.jp/lemon-stoism/e/008ac025ee1cc...

この「論文の不正疑惑」や「研究データの不備」「研究不正疑惑」などを受け、2月17日には理化学研究所やネイチャーが本格的に調査を開始。

7月2日のネイチャーによるSTAP論文の撤回。

それでも、

「STAP細胞は、ありまーす。」

4.jpg
画像:http://www.huffingtonpost.jp/2014/04/08/stap-matom...



「【全編動画】STAP細胞問題で小保方晴子氏が会見 」YouTubeより

無料プレゼントはこちらから!!!!
↓↓↓↓↓↓
http://zaitaku-fukugyou.blog.jp/


と、会見で発言した小保方さん、理研は小保方晴子さんに再度「STAP細胞」を作る実験をやらせ、再度「STAP細胞」の検証を行っていたのだが。

みなさん、予想通りの結果に・・・・・

48回実験を行ったのだが、そのすべてが失敗。

小保方氏は「200回以上成功している・・・・」と過去に語っていたのですが。

5.png
画像:http://gossip1.net/archives/1008380565.html

この検証を結果を受けて、理化学研究所に退職願いを12月15日に提出し、19日に承認された模様。
8月5日には共同研究者の笹井芳樹が「STAP問題」のために自殺しているので、あまり軽はずみなことも言えないのですが。

この「絶頂期」からの転落ブリのスピードは、さすが「情報化社会」といった所でしょうか。

小保方さんが最初から「クロ」であることを自ら認識して、現在までに至ったのであれば、先人達が必至で築いてきた「日本理化学界」を地に落としてしまった小保方さんの罪は重すぎます。

小保方氏のコメント

 どのような状況下であっても必ず十分な結果をと思い必死に過ごした3か月でした。予想をはるかに超えた制約の中での作業となり、細かな条件を検討できなかった事などが悔やまれますが、与えられた環境の中では魂の限界まで取り組み、今はただ疲れ切り、このような結果に留まってしまったことに大変困惑しております。  私の未熟さゆえに論文発表・撤回に際し、理化学研究所を始め多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまったことの責任を痛感しておりお詫びの言葉もありません。検証終了を以て退職願を提出させていただきました。最後になりますが本検証実験にあたり検証チームの皆様はじめ、ご支援・応援してくださった方々に心より御礼申し上げます。(引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141219-00000020-zdn_n-sci

おっさんは思うのですが・・・・・・・これでいいのでしょうか?

「退職」もそうですが、あまりにも軽すぎるような気がしてなりません。

確かに若い女性をみんなでいじめるという図式も好みませんが、彼女が犯した罪とはこの程度のものだったのでしょうか?

一番重要なのは「第二の小保方晴子」を作らないことなのだと思うのですがねー。


人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。